タトゥー除去するならクリニックへ行こう│生まれたてスキン整形

除去方法

タトゥー

タトゥーを入れたけれどなくしたいという人がタトゥー除去を行なっていますが、その除去方法によって特徴には間違いがあります。レーザーによるタトゥー除去の場合には、除去後の傷跡が目立たないということにあります。レーザーでタトゥーの部分のみ焼いて除去するような形となりますので、比較的目立たずに済むのです。但し、大きなタトゥーには不向きとなっています。それに対し皮膚を切除して行うタトゥー除去の場合ですと、大きなタトゥーにも対応できます。ですが、切除する部分の皮膚が伸びるのを待つ必要があるため、何度かに分けて除去手術を行う必要があるのです。この方法は皮膚を切り取るため、どうしても傷跡は残ってしまいます。ですが縫合技術の進歩や糸の開発により、昔ほど目立つ傷跡になることは無くなってきています。

レーザーでのタトゥー除去というのは、色に反応してその部分のみに作用するものです。ですが実は、タトゥーの色が薄い場合にはレーザーが反応しないこともあるのです。そのためそうした場合は、皮膚の切除によるタトゥー除去を行う必要がありました。しかし近年では、タトゥーを除去できるクリームが登場してきています。これはシミ取りクリームなどと同じように、色素に反応して薄くしていってくれるものです。そのためタトゥーの部分に塗ると、徐々に薄くなっていくというわけです。これを利用すれば、色が薄くてレーザーが反応しないものでも、皮膚切除をしなくても消すことが可能となるのです。但し逆に色の濃いタトゥーでは、完全に消すのは 難しくなっています。